若手研究者支援活動

当会では、自ら古代ギリシアの歴史や文化を楽しむと同時に、この喜びが次の世代へと引き継がれる事を願い、 外部の若手研究者がギリシアへ渡航する際の財政的支援を行って来ております。

若手研究者への財政援助

会員は年会費として運営費の他に、研究者支援費を支払います。 これにより研究者のギリシアへの渡航費及び現地での活動費の一部に充ててもらいます。


支援研究者の選定

支援研究者の決定までの流れは、
 1. 広く大学や研究機関、更にはこのプログラムで実際にギリシアを訪問した研究者(フェロー)など各方面からの
   推薦をもとに当会の選考委員による書類・面接により、候補者を決定します。
 2.会員の合意を得て最終決定されます。


支援研究者への制約・義務

支援研究者は、そのテーマ・活動内容を含め、当会に対する一切の制約・義務を受けません。


これまでの実績

1995年の第一回生以来、これまで(2014年11月現在)15名の研究者がこのプログラムを利用してギリシアを訪問され、
帰国後は殆ど現役のギリシア関係の研究者・学者として立派な活動をされておられます。
ちなみに、帰国後多くの皆さまから充実した旅についての感謝のお言葉を頂き、 更に時に触れ当会のサロンやシュンポシオンなどで有益なお話しを頂ける場合もあり、 会員と喜びを共有しております。


Copyright (C) Pausanias Japan