パウサニアス・ジャパンについて

パウサニアス・ジャパンは、古代ギリシアが好きな人が集まった同好会です。 月1回のサロンや年1回のシュンポシオン(パーティー)を開催すると同時に外部の研究者の支援活動を行っています。

それぞれが自分の好きな古代ギリシアを楽しんでいます

会員は、それぞれ自分の好きな古代ギリシアを見つけ、自分にあったやり方で楽しみ、その楽しみをおたがいに交換し、分け合って、おおいに喜んでいます。
あるテーマを決めてみんなで取り組むとか、テーマをグループで分担して研究するなど、系統だった決まり事はありません。
楽しみの対象も、神話の世界であったり、叙事詩や悲劇や紀行であったり、エーゲ文明であったり、ヘレニズム時代であったりで、自由自在です。 素人の恐さも加わり、オリエントやエジプトとの関わり、はたまた最近は、古代中国との比較にまで範囲をひろげる新手もあらわれ、多様な楽しみ方が集合しています。

月例サロンの開催や若手研究者へのささやかな支援

サロンの様子 会員が持ち回りで、自分がおもしろいと思ったテーマについて発表する、月例サロンを開いています。ときには専門の研究者をお呼びしてお話いただくこともしています。

会員が見つけた古代ギリシアの面白い話しなどを発表する機関紙も、不定期ですが刊行しています。

シュンポシオンの様子

年1回はシュンポシオンと称するパーティを、おもむきのある場所で開き、会員同士やお招きしたゲストや飛び入り参加の方々との親睦を深めています。



また将来にわたって、古代ギリシアを知る喜びが持続するようにとの願いから、 外部の若手ギリシア研究者がギリシアに渡航・滞在するためのささやかな支援もおこなっています。

こじんまりした小世帯、活動拠点は東京

パウサニアス・ジャパンの設立は1994年12月です。それ以来活動の拠点はずっと東京においています。当初は東京・文京区の会員の事務所をサロン会場にしていました。まもなく東京・千代田区の東京国際フォーラム生涯学習センターに会場を移し、2001年10月から東京・品川区の区立総合区民会館「きゅりあん」でサロンを開いています。

現在の会員数は30名に満たない小世帯の会です。会員は現役卒業組が大半ですが、家庭の主婦など女性会員も3分の1を占めています。

年会費

パウサニアス・ジャパンの年会費は、約1万6千円です。
そのうち1万円は若手研究者の支援費として積み立て、当会で選出する外部の若手研究者のギリシア渡航費として使用しています。
年会費の詳細については、会則をご覧ください。

Copyright (C) Pausanias Japan